サイエンス社のマイクロバブルトルネードを取付けてみた

ファインバブル産業会(FBIA)の会員となり標準化製品として発売されているサイエンス社のマイクロバブルトルネードをお風呂に取り付けてみた。
このマイクロバブルトルネードはまだその名称は耳慣れていないが、トヨタホームを始めとするマンションを建築し販売している大手会社は、このマイクロバブルトルネードを自社製品の名前として製品名を別のものとして、建てるマンションには標準装備している製品なのです。
もちろん、大手のマンションメーカーが標準で導入するのは、お客様の反応が良いことと、入居後にも良い声が集まるからこそ継続して提供されています。
このように大手企業が活用する入浴装置を自らも導入してみました。
その結果は予想以上で、体をこすり洗いする必要が無くなったことは体験してみると非常に大きい影響をもたらします。体を洗う時間が必要ないため、湯船でゆっくりでき、考え事やリラックス、もしくは瞑想といった心身ともにリセットできる時間が生まれます。そしてその副作用として汚れの落ちた肌は、まさに手触り感が一変し、今まで風呂上がりの乾いた感じがなくなり不思議としっとりくるこの感覚は、まるで効果効能が高い温泉からの湯上がり感です。もちろんそれが自宅にあるわけですから、毎日の生活の中にこの時間があることの意義は大きいと感じています。
面白いことに追い焚き口も洗浄されてピカピカになっています。私自身、これまで様々な健康や美容情報に仕事として触れてきた中で、このピカピカになる洗浄力については大きな不安がありました。
汚れを落とすことについて、これまでの考え方は洗浄剤を用いて分解し剥がす、といった健康とは相反する素材を使用して洗浄力を高めることが常識となっていました。それがこのマイクロバブルトルネードには全く洗浄剤が使用されておらず、空気の泡だけなのです。
お風呂の湯を吸水口より吸い込み、吸い込んだ水をマイクロバブルトを発生させるポンプに通過させることで水と混ざり合い、再度、お風呂の中へと泡を含んだ水が放出されていくだけなのです。これが健康的にマイナスになることは考えられないのです。マイナスになるよりも、毎日マイクロバブルのお風呂に入っているせいか、二週間を過ぎたあたりから汗の量に変化があることから新陳代謝がアップしているように感じています。そのほかの生活習慣はこれまでと変わりはないため、代謝アップの要因はそれと考えられます。
非常に気にいっており、良い製品であるためこれからもレポートしていきたいと考えています。